Skip to light version page
This site uses cookies to only capture URL parameters, count visitor number, share functions and etc.
Please visit ECS's Privacy Policy for further information.
By continue browsing our website, you are hereby aware of and agree on ECS' use of cookies by clicking 'ok'.
OK

One

Mini PC

ご要望に応える

ご要望に応える One

LIVA One はお客様の要望、想像力、要望を限りなくお応えするように設計されたもので、豊かなお暮らしに貢献します。

自分だけのOneを仕上げる

お気に入りをお好みに選択して愛用する。
Intel Core i7、32GB メモリー、最大4TBまでのHDD などの最上級の機能を取り入れて、ご自分の One を仕上げてみませんか。

ご要求に適ったCPUを選択する

ミニパソコンLIVA Oneはお客様のニーズを広範囲に対応できます。 Intel 6th Core™、Pentium® 、Celeron® プロセッサー* (最大消費電力 35W)のいずれを搭載しても、つねに相応の最大機能を発揮できます。

自分だけのOneを仕上げる

32GB

DDR4

最大32GB DDR4まで対応

パソコンが重くなるほどの作業に当たって、メモリー増設の重要性が増します。それを応えるように、ミニパソコン One にはDDR4 SO-DIMMを二つ設け、メモリーを最大 32GBまで増設できるようにしました。

1GB/s

M.2 SSD

M.2 の 1 GB 高速転送

Oneは高速なディスクデータ転送機能を搭載し、最高 1GB/秒の転送速度を提供します。これにより高速なデータ保存性能を実現し、仕事がより効率よくはかどることができます。

4TB

HDD

外付け2.5インチベイ

ミニパソコンLIVA Oneには2.5インチHDD/SSD用ベイが一つ備えており、記録媒体の増設配置を柔軟に対応することができます。最大4TBまでのハードディスクそして高速SSDの取り付けが可能です。

Oneで共有

家庭娯楽としても、LIVA Oneなら最高のパートナーになります。テレビ、デュアルディスプレイをみながら、映し出した思い出や写真を家族と一緒に楽しめます。

WiDiでの無線ライフスタイル

インテルのWiDi(無線表示)技術を導入することで、 One を通じて写真や画像を無線方式で大画面スクリーンに表示することだできます。思いついたときにお好みのデジタルコンテンツを流すにもってこいです。

Oneで共有

MicroSDXC カード・リーダー

MicroSDXC カード・リーダーを内蔵してますので、記録カードからの写真転送が手軽にできます。

Oneで共有

EZ Charger機能つきの C タイプUSB 3.1ポート

上下方向を気にせずに挿すことが可能な C タイプ USB3.1ポートで、USB3.0仕様二倍の帯域幅を提供することとともに、電源が切れた状態でも接続した携帯設備を充電(5V/2.1A)することができます。

Oneで共有

多様なディスプレイ接続方式に対応

ミニパソコンOneはHDMI、DisplayPort、D-subの三種類のビデオ出力に対応しています。 特に、DisplayPort出力を利用すると、解像度を最大4K UHD (4096x2160)までサポートできるようになり、ビジネス、創造性、生産性が一気に向上します。

Oneで共有

ワイヤレス接続

One のワイアレス接続機能はWi-Fi 802.11 ac に対応し、最高 867Mbp*までのネットワーク転送速度を実現します。デジタルコンテンツ転送、ビデオストリーミング、そして生産力向上に適しています。

*実際のWi-Fi 接続速度は現場のネットワーク設備と環境によって異なる場合があります。

    • One (802.11 ac Wi-Fi)

    • Wi-Fi b/g/n

  • 450 Mbps

    3X Faster

  • 150 Mbps

  • Wi-Fi Speed

ブックサイズのOne

Oneは見た目が小さいながらも、本の海のごとく無限の知識を秘るパワフルさがあります。

ブックサイズのOne

VESAマウント(100x100 あるいは 75x75mm仕様)を利用することで、モニターとかテレビとかの背面に装着することができ、その周りが広く使えるようになります。 所狭しで窮屈なところでも気楽に配置でき、特に事務室とか電子看板とかの狭い場所で役立ちます。